読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Safari でも Google Web History を使えるようにする

元ネタこちら。
Google Web HistoryをOperaで使うにはどうすればいいのか。 - あまたの何かしら。
Opera で Google Web History を使えるようにする UserJS - mallowlabsの備忘録
Google Web History は過去に閲覧したサイトを全文検索できるもの。
Sign in - Google Accounts
通常なら Google Toolbar をインストールしないと使えないのだが Safari 版の Google Toolbar はない。でも。どうやら PageRank さえ有効にしていれば使えるみたいだから Google を直接叩けば良いんじゃね?と云う話。

ユーザスクリプトを使用するのでまずは SIMBL と GreaseKit をインストール。「SIMBL」はアプリケーションを拡張するプラグインを管理するモノ。「GreaseKit」は Creammonkey と呼ばれていたもので SafariGreasemonkey
SIMBL
GreaseKit - User Scripting for all WebKit applications
SIMBLインストーラを走らせて /Library/Application Support/SIMBL/Plugins のフォルダに GreaseKit.bundle を入れる。後は Safari を再起動すればメニューバーに「GreaseKit」のメニューが表示されてインストール完了。後は id:mallowlabs さんのところの enablegooglewebhistory.user.js をコピーして jsファイルを作成。Safari にドロップして GreaseKit に読み込ませる。最後に Google Web History にアクセスして「ウェブ履歴の機能を拡張する」をクリックすれば完了です。