読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらインターネットに PHP5 をインストール

そろそろ本格的に PHP5 を触ろうかとインストール。各所で説明してあるが手順通りやれば簡単です。まずは PHP5 本体を下記サイトからダウンロード
PHP: Downloads

(現時点の最新バージョン PHP5.1.6 で説明)解凍してできた「php-5.1.6」というフォルダを /home/ユーザ名/work などとフォルダを作ってその中にアップロード。PHP の設定をするために「php-5.1.6」のフォルダ内に下記内容を「conf.sh」と名前を付けて保存してアップロードします。

#!/bin/sh

./configure \
--prefix=$HOME \
--with-config-file-path=$HOME/www/php5.ini \
--program-suffix=5 \
--with-pear=$HOME/share/pear5 \
--enable-force-cgi-redirect \
--enable-mbstring=all \
--enable-mbregex \
--enable-mbstr-enc-trans \
--enable-versioning \
--enable-trans-sid \
--with-mysql \
--with-openssl=/usr \
--with-soap=yes \
--with-zlib=/usr \
--with-gd=/usr/local \
--with-jpeg-dir=/usr \
--with-freetype-dir=/usr \
--with-ttf \
--with-png-dir=/usr \
--with-curl

次に telnet で接続して cd コマンドでその階層に移動して

sh conf.sh

とやれば設定がはじまります。色々と処理が終わったあと

thank you for using(installing?) PHP

と表示されれば成功。

次にコンパイル

make

と打って数分。その後

make install

でインストールされます。実際に php ファイルを PHP5 で動かすには /home/ユーザ名/www/cgi-bin とフォルダを作っておいて

cp ~/bin/php5 ~/www/cgi-bin/php5.cgi

として /home/ユーザ名/www に 以下の .htaccess を設置(すでにあるのなら追加)。

Action php5-script /cgi-bin/php5.cgi
AddHandler php5-script .php

これで php ファイルは PHP5 で動くようになります。もし既に動いている php はそのまま PHP4 で動かしたい場合は

Action php5-script /cgi-bin/php5.cgi
AddHandler php5-script .php5

をすれば拡張子が .php5 の場合だけ PHP5 で動くようになります。